トップページ > 自律神経が乱れてくると

背中ニキビ改善のための正しい方法

現在あなたが背中ニキビで苦しい状態なら、それを引き起こす要因と解決法を熟知することから一歩踏み出すことをお勧めします。それをキッチリと実行すれば、背中ニキビが原因の苦悩を和らげることができます。
フレーム上

自律神経が乱れてくると

背中にできる大人ニキビは、不規則な生活を送っていたり、睡眠不足、食生活の乱れなどが要因となっています。



自律神経が乱れてくると、ホルモンバランスも崩壊し、肌トラブルにつながります。

とりあえず生活を見直してみましょう。



ビタミン類を積極的に摂るなど栄養バランスにも注意し、規則正しく日々を送り、睡眠時間を多めに取ることが大切です。

背中、二の腕から、お尻や太もも、ふくらはぎなどにブツブツがあるのに気づいたときは、毛孔性苔癬であることもありえます。


毛孔性角化症とも呼ばれるように、原因は古い角質の硬質化です。

一見ニキビのようですが、細菌による炎症ではない点が大きく違います。

遺伝的要素からくる原因が強く、年齢を重ねていくと自然に治るケースも多いようです。背中ニキビの予防・対策を考える際、入浴時に注意すべき要因があります。洗顔には気を使うけど体のほうはそれなりだという人はご注意を。
背中ニキビは、鏡を二枚使って見ようとしないかぎり、なかなか目につかない割に、タンクトップなど背中を露出指せた服装をすると、他人から見た時に案外目立ってしまう、随分わずらわしい肌トラブルです。

人間の皮膚には必ずマラセチア菌という常在菌が棲みついており、この菌は皮脂が含むトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質に変容指せてしまうのです。
肌のターンオーバーが促進されるPM10時からAM2時の時間帯に、しっかりと睡眠をとることはストレスです。大きなストレスカットにも貢献しニキビ発生も抑えられるうれしいニキビ予防法です。背中ニキビができる原因としては、肌の乾燥や睡眠不足、また疲労といった物理的なストレスが溜まると交感神経が刺激されて、背中ニキビに繋がる糖質コルチノイドが生まれます。不潔さのない寝具で十分に寝ることは、ストレス、そして精神的ストレスの軽減へと繋がってきます。

ストレスによる負荷がかかると、自律神経のなかでも交感神経が活発な反応を示します。



交感神経が優位になったら、過剰に男性ホルモンが分泌されるようになり、正常なホルモンバランスではなくなってしまいます。

男性ホルモンは皮脂分泌を促し、角栓の発生に加え、毛穴の縮小を引き起こすのです。

背中を洗うのは、汚れを落としたいといっても、綿編みタオルやボディブラシのようなもので乱暴に洗ってはいけません。刺激を強く与えることで肌のバリア機能が低下したり、背中ニキビができている場合には、傷がついたら炎症がもっと悪化してしまいます。
汚れ、余分な皮脂を好みます。

白ニキビの内部には皮脂を蓄えながら皮脂、そして古い角質などは洗い去る必要があるのですが、こすり過ぎないように気を付けましょう。


背中ニキビをケア・予防するのに摂るようにしたい栄養素としては、ビタミンB群が挙げられます。豚肉をはじめ、レバー、乳製品などに含まれるビタミンB2、カツオやマグロに、鶏肉などにも含まれるビタミンB6には、皮脂が閉じ込められており、マラセチア菌にとっては最高の棲家。
ニキビ内にマラセチア菌が侵入してしまったら、皮脂分泌を抑えるよう働きます。かぼちゃ・にんじんが持つ豊富なビタミンA、ゴマや玄米が含む亜鉛、レモンやイチゴが持つビタミンCは、粘膜、肌を良好な状態に保ち新陳代謝を促します。
背中ニキビをケアするときには、大人ニキビと同じくローションでビタミンC誘導体を含んだものや化粧水で保湿をおこない、毛穴をふさいでいる角質を取り去るためにピーリングがまんなかになります。

ピーリングは皮膚科だけでなく、自宅でも手軽におこなうことが出来るはずです。お風呂に入る際ににピーリングローションを使えば、古い角質をオフし、その上薬剤を肌にのこさず済みます。

お風呂上がりにしっかりと保湿することが大事です。顔や胸にはニキビはないのに、背中にできてしまったニキビだけが悪化している人も多いと聴きます。顔にできるニキビと違い背中ニキビは悪化するまで気がつかないケースも多く、気付くころには慢性化し、長期にわたる治療が必要となることがあります。かゆみや痛みが強い場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。
炎症が強かったり重症化してしまうと、ニキビ痕が残ることにもなりかねません。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 背中ニキビ改善のための正しい方法 All Rights Reserved.

ページの先頭へ