トップページ > 背中ニキビをケア・予防するのに

背中ニキビ改善のための正しい方法

現在あなたが背中ニキビで苦しい状態なら、それを引き起こす要因と解決法を熟知することから一歩踏み出すことをお勧めします。それをキッチリと実行すれば、背中ニキビが原因の苦悩を和らげることができます。
フレーム上

背中ニキビをケア・予防するのに

背中ニキビをケア・予防するのにすすんで摂りたい栄養素としては、ビタミンB群が挙げられます。

豚肉を初め、レバー、乳製品などにふくまれるビタミンB2、カツオ、マグロ、鶏指さみなどが含有するビタミンB6には、皮脂にふくまれるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質へと変化指せてしまうのです。
ニキビが顔や胸にはなくても、背中にできてしまったニキビだけが悪化している人も多い傾向にあるようです。顔にできるタイプのものとは違い、背中ニキビは気がつくまで時間がかかる場合も多く、気付いた時には慢性化していて治療が長引くことがあります。かゆみ、痛みが強いときは、専門医の診察を受けるようにしましょう。
炎症が強く重症になってしまうと、ニキビ痕が残ってしまう可能性があります。背中ニキビができる要因は、乾燥やねぶそく、疲れなどの物理的ストレス、そして、精神的ストレスを感じると、自律神経のなかでも交感神経が活発な反応を示します。


交感神経が優位になったら、過剰に男性ホルモンが分泌されるようになり、ホルモンバランスの正常値が崩れてしまいます。男性ホルモンは皮脂が詰め込まれた白ニキビの中は、マラセチア菌の棲む絶好の環境となります。



ニキビの内部へマラセチア菌が侵入すると、たくさんの皮脂を食べながら増えてゆき、皮脂を好みます。皮脂、そして古い角質などはきれいにしなければいけませんが、こすり過ぎは厳禁です。
背中、二の腕、お尻、太もも、そしてふくらはぎなどにブツブツが見られる場合には、毛孔性苔癬が疑われます。

毛孔性角化症ともいい、原因は古い角質の硬質化です。


ニキビのようにも見えますが、大きな違いは細菌による炎症ではない点です。原因として強いのは遺伝的要素で、年齢を重ねていくうちに自然に治るケースも多いと言われています。人には誰しも、皮膚にマラセチア菌という常在菌が棲んでおり、このマラセチア菌は人間の皮脂分泌を減らす効果があります。
かぼちゃ・にんじんに含有されたたっぷりのビタミンA、ゴマや玄米が持つ亜鉛、レモンやイチゴにふくまれるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ちターンオーバー(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)を促進します。


背中ニキビをケアするときには、大人ニキビと同じくビタミンC誘導体を含むローションや化粧水によって保湿し、毛穴にフタをしている角質を取り去るピーリングがセンターになります。
皮膚科でのピーリングだけでなく、自宅でおこなうのも簡単です。

お風呂でピーリング用の石鹸を使うことで、古い角質をオフし、その上薬剤を肌に残す危険もなくなるのです。入浴後は十分な保湿をおこなうことも大切です。肌の代謝が活発になるPM10時からAM2時の間に、しっかりと睡眠をとることはストレス軽減にも繋がります。
ストレス。多大なストレスが溜まると交感神経が刺激されて、背中ニキビを導く糖質コルチノイドができます。


清潔な寝具で十分な睡眠をとることは、ストレスカットにも貢献しニキビ発生も抑えられるこの上ないニキビ予防法です。背中を洗う場合には、汚れを落とすためとはいえ、綿編みタオルやボディブラシのようなものでゴシゴシと洗うのはNGです。肌のバリア機能が強い刺激によって低下したり、背中ニキビができている場合には、傷を付けて炎症を悪化指せてしまいます。汚れ、余分な皮脂分泌を促し、角栓の発生、更には毛穴の縮小を引き起こす性質があります。

背中ニキビを阻止したいなら、入浴時に注意すべき要因があります。
洗顔には気を使うけど体は特に気にしていない人は危ないです。
背中ニキビは、鏡を鏡合わせにして見ようとしないかぎり、見つけることが出来ないのに、タンクトップなど背中を露出指せた服装をすると、他人の目にはしっかり映る、非常に厄介な肌トラブルです。大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活を送り、ねぶそくがちで、食生活の乱れなどが要因となっています。

自律神経の乱れが起きると、同じくホルモンバランスも崩れて、肌トラブルのもととなります。気になる人は、生活を見直してみましょう。ご飯にビタミン類を含む食材を取り入れるなど、栄養バランスにも気をつけ、規則正しい生活を心がけて、充分な睡眠時間を取ることが大切です。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 背中ニキビ改善のための正しい方法 All Rights Reserved.

ページの先頭へ