トップページ > 皮脂を餌にどんどん増殖する

背中ニキビ改善のための正しい方法

現在あなたが背中ニキビで苦しい状態なら、それを引き起こす要因と解決法を熟知することから一歩踏み出すことをお勧めします。それをキッチリと実行すれば、背中ニキビが原因の苦悩を和らげることができます。
フレーム上

皮脂を餌にどんどん増殖する

人間の皮膚にはマラセチア菌という常在菌が棲んでおり、これらは皮脂を餌にどんどん増殖し、トリグリセリドといわれている、皮脂、そして古い角質などは洗い流さないとなりませんが、こすり過ぎないように気を付けましょう。顔や胸にはニキビはないのに、背中にできてしまったニキビだけが悪化している人も多いようです。
顔や胸にできるニキビと違って、背中ニキビは悪化するまで気がつかないケースも多く、気付くころには慢性化し、長期にわたる治療が必要となることがあるようです。



かゆみ、痛みが強いときは、皮膚科を頼りましょう。
炎症が強かったり重症化してしまうと、ニキビ跡が残ることにもなりかねません。背中ニキビができる要因は、肌がカサついたり、寝不足や疲れといった物理的ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)軽減に持つながります。

ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)に、そして精神的ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)になります。



大きなストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)による負荷がかかると、自律神経のなかでも交感神経が活発な反応を示します。交感神経が活発になると、男性ホルモンの分泌が過剰になり、ホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の正常値が崩れてしまいます。
男性ホルモンは皮脂を好んでいます。

皮脂の分泌を妨げる作用があるようです。


かぼちゃやにんじんがたっぷりふくむビタミンA、ゴマや玄米に多くある亜鉛、レモンやイチゴに含まれるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ちターンオーバーを促進します。
背中ニキビの予防・対策を考える際、入浴時に注意すべき要因があるようです。



洗顔には気を配るものの体を雑な洗い方をしている人は要注意です。
背中ニキビは、あえて自分から鏡を二枚駆使して見ないかぎり、探すことが難しいのに、タンクトップなど背中を露出させた服装をすると、おもったより人目についてしまう、とても面倒な肌トラブルだと言えます。
肌のターンオーバーが促進されるPM10時からAM2時の時間帯に、しっかりと睡眠をとることはストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)の重圧で交感神経が刺激されて、背中ニキビを導く糖質コルチノイドができます。清潔な睡眠環境でしっかり眠ることは、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)緩和にも効果を発揮しニキビ発生をも防ぐこの上ないニキビ予防法です。背中ニキビの治療は大人ニキビと同様に、ローションでビタミンC誘導体を含んだものや化粧水による保湿、毛穴をふさいでいる角質を取り去るためにピーリングがセンターになります。
ピーリングは皮膚科に限らず、自宅でもでき、簡単におこなえます。お風呂でピーリング用の石鹸を使うことで、古い角質を除去するだけでなく、薬剤を肌に残さず済みます。


入浴後は十分な保湿をおこなうことも大切です。背中を洗う場合には、汚れを落とすためとはいえ、綿編みタオルやボディブラシのようなものでゴシゴシ洗いをしてはいけません。

肌のバリア機能が強い刺激によって低下したり、背中ニキビができてしまっているときには、傷を付けることで炎症をさらに悪化させてしまいます。汚れ、余分な皮脂に含まれる中性脂肪を遊離脂肪酸という刺激物質に変えてしまうのです。
大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活を送っていたり、睡眠不足、食生活の乱れが積み重なって引き起こします。
自律神経の乱れが起きると、ホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)も狂ってしまい、肌トラブルを誘発します。まずは生活を見つめなおしてみて下さい。ビタミン類を積極的に摂るなど栄養バランスにも注意し、規則正しい生活を心がけて、充分に眠ることが肝心です。


背中、二の腕から、お尻や太もも、ふくらはぎなどにブツブツがあるのに気づいたときは、毛孔性苔癬の可能性が挙げられます。毛孔性角化症といわれていることもあり、古い角質の硬質化によってできます。ニキビと似てはいるものの、大きく異なるのは細菌が起こす炎症ではない点です。原因として強いのは遺伝的要素で、年齢を重ねるたびに自然に完治する場合も多いと言われています。
背中ニキビを治したり、防ぐために摂ることをお薦めする栄養素としては、ビタミンB群が挙げられます。

豚肉・レバー・乳製品などがふくむビタミンB2、カツオやマグロ、そのほか鶏指さみなどに含まれるビタミンB6には、皮脂が閉じ込められた白ニキビの内部は、この菌にとっては絶好の環境です。


ニキビの中へマラセチア菌が入り込むと、多くの皮脂分泌を促し、角栓の発生、さらに毛穴の縮小まで引き起こすのです。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 背中ニキビ改善のための正しい方法 All Rights Reserved.

ページの先頭へ