トップページ > 人間の皮膚には必ずマラセチア菌という常在菌

背中ニキビ改善のための正しい方法

現在あなたが背中ニキビで苦しい状態なら、それを引き起こす要因と解決法を熟知することから一歩踏み出すことをお勧めします。それをキッチリと実行すれば、背中ニキビが原因の苦悩を和らげることができます。
フレーム上

人間の皮膚には必ずマラセチア菌という常在菌

人間の皮膚には必ずマラセチア菌という常在菌の棲家となっており、これらマラセチア菌は皮脂・古い角質といったものは洗い去る必要がありますが、優しく、こすり過ぎないようにしましょう。
背中を初め、二の腕やお尻、太もも、ふくらはぎなどにブツブツしたものができているときには、毛孔性苔癬が疑われます。
毛孔性角化症と言われることもあるように、原因は古い角質がぶ厚くなってしまっていることです。

ニキビと似てはいても、細菌による炎症ではない点が大聴くちがいます。

遺伝的な要因が強く、年齢を重ねていくと自然に治るケースも多いようです。大人に発症する背中ニキビは、規則的な生活が送れていなかったり、睡眠が足りていなかったり、食生活が乱れているときなどにできやすくなります。自律神経が不安定になると、ホルモンバランスも狂ってしまい、肌トラブルにつながります。ひとまず不規則な生活を見直してみましょう。ビタミン類を積極的に摂るなど栄養バランスにも注意し、規律ある生活を心がけ、睡眠時間を多めに取ることが大事です。
背中ニキビの予防や対策を考えるとき、まず挙げられる原因は、お風呂にあります。顔を洗うときは気をつけていても体は特に気にしていない人は危ないです。


背中ニキビは、鏡を二枚使ってまで見ようとしない以上、中々見つからない割に、背中が大聴く開いた服装を着ると、他人の目にはしっかり映る、とても面倒な肌トラブルだと言えます。背中ニキビへのアプローチは大人ニキビと同じくビタミンC誘導体成分入りのローションや化粧水で保湿、毛穴をふさぐ角質を取り去るピーリング(安易に行うと皮膚トラブルにつながってしまうこともあるので、慎重に注意書きなどをよく読みましょう)を軸にします。ピーリング(安易に行うと皮膚トラブルにつながってしまうこともあるので、慎重に注意書きなどをよく読みましょう)は皮膚科のみならず、自分でも簡単にできます。お風呂でピーリング(安易に行うと皮膚トラブルにつながってしまうこともあるので、慎重に注意書きなどをよく読みましょう)用の石鹸を使うことで、古い角質を除去するだけじゃなく、薬剤を肌にのこすこともありません。入浴後は保湿をしっかりと行なうことも大事です。肌のターンオーバーが活発になる午後10時から午前2時に、しっかりと睡眠をとることはストレスをやわらげてくれるものです。

ストレスによるものです。



強いストレス緩和にも効果を発揮しニキビ発生も食い止める一石二鳥のニキビ予防法です。背中ニキビ発生の第一段階は、乾燥や寝不足、疲れなどの物理的ストレスが溜まると交感神経が刺激されて、背中ニキビを誘発する糖質コルチノイドができます。


清潔な寝具を使い、そこでしっかり眠ることは、ストレス、また精神的ストレスが与えられると、自律神経のうち交感神経が活発になります。

交感神経が優位に立つと、多く男性ホルモンが分泌されるようになり、ホルモンバランスの正常値が崩れてしまいます。男性ホルモンには、皮脂を好むという性質を持っています。

皮脂が閉じ込められた白ニキビの内部は、この菌にとっては絶好の環境です。ニキビの内部へマラセチア菌が侵入すると、皮脂が持つトリグリセリド(中性脂肪)を、遊離脂肪酸という刺激物質に変容させてしまうのです。背中ニキビをケアしたり、予防したりするのにすすんで摂りたい栄養素としては、ビタミンB群です。豚肉を初め、レバー、乳製品などにふくまれるビタミンB2、カツオ、マグロ、鶏肉などが含有するビタミンB6には、皮脂分泌を抑える作用があります。
かぼちゃ・にんじんに含有され立たっぷりのビタミンA、ゴマや玄米にふくまれる亜鉛、レモンやイチゴにふくまれるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち、ターンオーバーを活発にします。


背中を洗うとき、汚れが気になるからとはいえ、垢すりタオルやボディブラシで力強く洗ってはいけません。



強い刺激で肌のバリア機能が低下したり、背中ニキビができてしまっているときには、傷を付けて炎症を悪化させてしまいます。汚れや余分な皮脂を蓄えながら皮脂分泌の促進、角栓の発生、さらには毛穴の縮小を引き起こさせます。


ニキビが顔や胸にはなくても、背中のニキビだけが深刻化してしまう人も多いようです。顔にできるタイプのものとはちがい、背中ニキビは深刻化するまで気がつかない場合も多く、気付いた時には慢性化していて治療が長引くことがあります。かゆみや痛みが強く感じられるときには、専門医を受診することをお薦めします。


炎症がひどくなり重症化してしまうと、ニキビ痕が残ってしまう可能性があります。




フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 背中ニキビ改善のための正しい方法 All Rights Reserved.

ページの先頭へ