トップページ > 背中ニキビのケアや予防のために摂るべき栄養素は

背中ニキビ改善のための正しい方法

現在あなたが背中ニキビで苦しい状態なら、それを引き起こす要因と解決法を熟知することから一歩踏み出すことをお勧めします。それをキッチリと実行すれば、背中ニキビが原因の苦悩を和らげることができます。
フレーム上

背中ニキビのケアや予防のために摂るべき栄養素は

背中ニキビのケアや予防のために摂るべき栄養素は、ビタミンB群が挙げられるのです。豚肉やレバー、また乳製品などにふくまれるビタミンB2、カツオにマグロ、鶏ささみなどがもつビタミンB6には、皮脂分泌を促し、角栓の発生、さらに毛穴の縮小まで引き起こさせます。

人間の皮膚にはマラセチア菌という常在菌が棲んでおり、この菌は皮脂を好みます。白ニキビの内部には皮脂の分泌を減らします。
かぼちゃ・にんじんにふくまれるたっぷりのビタミンA、ゴマや玄米がもつ亜鉛、レモンやイチゴにふくまれるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促します。ニキビが顔や胸にはなくても、背中にできたニキビのみが悪化している人も多いと聴きます。顔や胸にできるニキビと違って、背中ニキビは気がつくまで時間がかかる場合も多く、気付いたころには慢性化しており、治療が長引くことがあります。



かゆみや痛みが強く感じられるときには、皮膚科を頼りましょう。強い炎症を起こし、さらに悪化してしまうと、ニキビ跡が残ってしまう場合があります。背中ニキビを治療する際は、大人ニキビと同様に、ローションでビタミンC誘導体を含んだものや化粧水で保湿を行ない、毛穴をふさいでいる角質を取り去るためのピーリングをメインに行ないます。



ピーリングは皮膚科のみならず、自宅でおこなうのも簡単です。お風呂でピーリング用の石鹸を使うことで、古い角質を除去するだけでなく、薬剤を肌に残さず落とせます。


入浴後に保湿を欠かさずおこなうことも重要です。

背中ニキビの発生は肌の乾燥や睡眠不足、また疲労といった物理的なストレスがなくならないと交感神経が刺激されて、背中ニキビを持たらす糖質コルチノイドが生まれます。不潔さのない寝具で十分に寝ることは、ストレスをカットしてくれます。
ストレス、また精神的ストレスを受けることで、自律神経のなかでも交感神経が活発な反応を示します。交感神経が優位になったら、過剰に男性ホルモンが分泌されるようになり、正常なホルモンバランスではなくなってしまいます。男性ホルモンは皮脂にふくまれる中性脂肪を遊離脂肪酸、つまり刺激物質に変えてしまいます。背中や二の腕・お尻・太もも、またふくらはぎなどにブツブツがあるのに気づいたときは、毛孔性苔癬の可能性が挙げられるのです。またの名を毛孔性角化症といい、古い角質の硬質化によってできます。ニキビと似てはいますが、違うのは細菌による炎症ではないところです。遺伝的要素からくる原因が強く、年齢を重ねるたびに自然に治るケースも多いと言われています。

大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活を送っていたり、睡眠不足、食生活の乱れといった要因があります。自律神経の乱れが起きると、ホルモンバランスも崩れて、肌トラブルにつながります。
まずは生活を見直してみましょう。食事にビタミン類をふくむ食材を取り入れるなど、栄養バランス(真剣に考えると、献立を考えるのも一苦労ですね)にも気をつけ、規律ある生活を心がけ、よく寝ることが大事です。



背中ニキビの予防・対策方法については、まず一番に挙げられる原因がお風呂です。
丁寧に洗顔していても体を適当に洗っているという人は危険信号。背中ニキビは、あえて自分から鏡を二枚使ってまで見ようとしない以上、なかなか見つからない割に、タンクトップなど背中が露出する服をまとうと、かなり人目についてしまう、非常に厄介な肌トラブルです。

背中を洗うとき、綺麗にしたいからといって、たとえば垢すりタオル、ボディブラシで乱暴に洗ってはいけません。



強い刺激で肌のバリア機能が低下したり、背中ニキビがある場合には、傷を付けることで炎症をさらに悪くしてしまいます。
汚れや余分な皮脂が閉じ込められており、マラセチア菌にとって絶好の環境。ニキビ内にマラセチア菌が入り込むと、多量の皮脂を餌に瞬く間に増殖して、トリグリセリドと呼ばれる、皮脂・古い角質といったものは洗い流さないとなりませんが、こすり過ぎは厳禁です。肌のターンオーバーが活動的になるPM10時から午前2時に、しっかり睡眠時間を設けることはストレスによるものです。


大きなストレスカットにも貢献しニキビが発生しないようになる期待できるニキビ予防法です。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 背中ニキビ改善のための正しい方法 All Rights Reserved.

ページの先頭へ